ダイバージェンスとは?トレンド転換で大きく勝つ3つのシグナル

基礎知識

こんにちは、あずきたんです。

今回はRSIやストキャスティクス、MACD等で用いられるダイバージェンスについて実際のチャート画像と一緒に分かりやすく解説して行きたいと思います!

 

この記事でわかる事
  • ダイバージェンスとは
  • ダイバージェンスが発生するとどうなるのか
  • ダイバージェンスの注意点

ダイバージェンスとは

 

FX取引で非常に重要な局面として、トレンド転換があります。

もみ合いのレンジ相場を続けていたものが 、明らかに上昇方向か下降方向になった場合に、トレンド転換と判断できます。

 

トレンドが発生すると一定方向に値動きは進んでいくため、うまく乗れば大きな利益につなげていくことも可能です。

また、ポジションを持っていれば、トレンド転換が発生する直前は利益確定の最適なタイミングになります。

 

ダイバージェンスは難しいトレンド転換を見極める

一方で、トレンド転換の時期を見分けるには難しさがあります。

短期的な転換もあれば長期的な転換もあり、短期の場合は騙しも多くなります。

あずきたん
チャートからトレンド転換と判断したものの、実は短期的な状況で、全体のトレンド自体は変わっていない場合もあります。

 

そこでトレンド転換の時期を示す判断として、「ダイバージェンス」を参考にすることが効果的です。

オシレーター系のインジケーターが揃ってダイバージェンスを示すような状態になれば、高い確率でトレンド転換が発生する可能性があります。

 

ダイバージェンスとはどのような状態のことか

 

ダイバージェンスは、ローソク足で示された価格の値動きと、オシレーター系のテクニカル分析指標の動きが逆になる現象です。

 

代表的なインジケーター

ダイバージェンスはオシレーター系のインジケーターで発生します。

オシレーター系とは、ローソク足が表示されているウィンドウとは別に表示されているインジケーターの事なんだな位に覚えておけば大丈夫です。

代表的なオシレーター系インジケーター
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • MACD

 

オシレーターはレンジ相場に強い

オシレーター系の分析指標は、レンジ相場で買い時や売り時を判断するために、効果的な活用が可能です。

相場の過熱感を測ることにより、売られすぎの時は買いを、買われすぎの時は売りのエントリーを行う逆張りのトレードです。

 

通常であれば、価格の値動きとオシレーター系の分析指標は同じ方向を示します。

価格が上がればオシレーター系の分析指標も上昇を示し、価格が下がれば分析指標は下降を示すのが一般的です。

あずきたん
ところが、価格の推移とオシレーター系の分析指標の逆行現象が起こる場合があります

 

ダイバージェンス

チャートはTradingViewを使用しています。詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

➜ TradingViewの使い方!有料と無料の違いやアラート設定のやり方を紹介します!

 

ダイバージェンスの状態

価格が高値を更新しているのにも関わらず、オシレーター系の分析指標は下がっている状態を示します。

価格が安値を更新している場合であれば、オシレーター系の分析指標は上がっている状態です。

 

これが「ダイバージェンス」です。

相場の動きとテクニカル分析指標に、矛盾した状態が出現することです。

 

ダイバージェンスはトレンド転換のサイン

 

ダイバージェンスが発生した場合は、まもなくトレンド転換が起こる予測を立てることができます。

この状態は、トレンドの勢いに陰りが見られることを示しています。

 

トレーダーはダイバージェンスが発生した段階で、トレンド転換の可能性を視野に入れたトレードが必要です。

オシレーター系の分析指標の特徴は、レンジ相場において、価格が上がった時に売る、下がった時に買うという逆張りのエントリー方法に有効活用できる点です。

 

トレンド発生時は機能しない

しかし値動きが一定方向になるトレンドが発生すると、これらの分析指標は使いにくくなります。

トレンドが明確になれば価格は反発せず、さらにトレンド方向に進むことになるため、逆張りでの売買判断が機能しなくなるからです。

 

このような場合に、ダイバージェンスが発生しているかどうかを見ることでトレンド転換を予測し、トレード方法を見直すことができます。

 

ダイバージェンスが発生するインジケーター

 

ダイバージェンスの発生を確認するインジケーターとしては、オシレーター系の分析指標であるRSI、ストキャスティクス、MACDが頻繁に利用されます。

一つのインジケーターだけではなく、複数のインジケーターでダイバージェンスが発生しているかどうかを確認することが正確性を高めるポイントです。

 

RSI

 

 

RSIとは、現在の相場状況において、買い圧か売り圧のどちらに傾いているかが判断できるテクニカル分析指標です。

過熱感を測定することで、逆張りによるエントリー時期をつかむメリットがあります。

 

RSIでは、相場の過熱感を一本のラインで表示します。

ラインの示す位置に着目することで、エントリーチャンスを見極めます。

 

売買の過熱感の判別方法

一般的に、RSIのラインが70%~80%以上の状態になれば、買いが過熱しすぎているという判断が可能です。

逆に、20%~30%になれば売りの過熱状態です。

 

レンジ相場が続いているのであれば、買いの後は売り、売りの後は買いという、どちらかの優勢状況が交互に起こります。

そのため、逆張りチャンスの明確なシグナルになります。

 

RSIのトレード手法は下記の記事をご覧ください。

➜ RSIの特徴やおすすめの設定値は?ボリンジャーバンドの組み合わせが凄い!

 

ストキャスティクス

ストキャスティクス

 

ストキャスティクスは、RSIと同じように相場の過熱感を判断するテクニカル分析指標です。

ストキャスティクスの場合は2本のラインで表示されるのが一般的で、短期ラインを示す「%K」、中期ラインを示す「%D」になります。

 

また、%Dを移動平均化した「S%D」ラインも使用する場合があります。

過去の一定期間から、現在の相場がどの程度の状態かを分析したものがストキャスティクスです。

 

売買の過熱感の判別方法

0~100の数値で示され、数値が高いほど買われすぎの状態と判断できます。

売られすぎの基準は20%以下、買われすぎの基準は80%以上と考えるのが一般的です。

 

売られすぎや買われすぎの状態で、2本のラインがゴールデンクロス(買いシグナル)や、デッドクロス(売りシグナル)をした場合がエントリーポイントと判断できます。

 

ストキャスティクスのトレード手法は下記の記事をご覧ください。

➜ ストキャスティクスとは?特徴を抑えて騙しを回避するトレード手法

 

MACD

MACD

 

MACDは、「MACDライン」と呼ばれる移動平均線の距離を基準にした線と、「シグナルライン」と呼ばれるMACDラインを移動平均化した2本の線で構成されています。

 

MACDの見極め方

また、MACDラインとシグナルラインの乖離率を示す「棒グラフ」が表示される点も特徴的です。

2本の線のゴールデンクロスやデッドクロスで、売買チャンスを見極めることができます。

 

また、棒グラフが0以上の数値になった場合に買い、0以下の数値になった場合は売りのチャンスという判断が可能です。

MACDの特徴は、比較的騙しが少なく信頼性が高い点にあります。

 

MACDのトレード手法は下記の記事をご覧ください。

➜ 移動平均線とMACDのスキャルピングのやり方を徹底解説!

 

ダイバージェンスの注意点

 

ダイバージェンスは、トレンド転換のサインとして注目すべきポイントですが、判断材料にする上で注意点もあります。

ダイバージェンスの発生を、より高い確率でトレンド転換が起こる目安とするために意識しておくべきことがあります。

 

必ずトレンドが反転するとは限らない

 

ダイバージェンスが出現したからといって、必ずトレンドの反転が起こるというわけではありません。

その正確な判断は、一つのインジケーターだけでは十分とは言えません。

例えば、RSIでダイバージェンスが発生したとしても、すぐにエントリーすると騙しに合う可能性もあります。

 

RSIでは度々ダイバージェンスが発生する場合もあり、正確なシグナルもあれば、発生しているにも関わらずトレンドがそのまま継続することもあります。

あずきたん
他のオシレーター系の分析指標とも合わせて、総合的に判断することが大切です。

 

MACDなどもダイバージェンスを示していれば、かなりの高い確率でトレンド転換が起こる可能性があります。

MACDはRSI に比べてダイバージェンスが発生する頻度が限られるため、両方がダイバージェンスを示していればより信頼性が高いと判断できます。

ローソク足が示す価格と、RSI、ストキャスティクス、MACDのオシレーター系の各分析指標が示す状態を確認することが精度を高めるポイントです。

 

まとめ

 

トレンド転換が起こる状況をある程度予測できれば、 FXの勝率は飛躍的に上がる期待ができます。

持っているポジションの決済や新たなエントリーを、根拠を持って行うことが可能です。

 

FXでは損切り判断と同じように、利益確定の判断にも迷いが生じます。

トレンドが転換したにも関わらず逆方向のポジションを持っていれば、途中まで利益を出していても、逆に損失状態になる場合があります。

 

ダイバージェンスは見た目に明確な判断ができるため、FXで非常に重要なシグナルなので見逃さず、トレード転換を狙って行きましょう。