FXで勝てなくてもメンタルを崩壊させない3つの事

トレード手法

FⅩと聞くと“お金に余裕がある人“や、“一攫千金を目指している人“というイメージがあるかと思います。

また、FXに対して“儲かる““損をする“というお金関連のイメージを持っている方がほとんどでしょう。

実際のところはお金関連はもちろんですが精神面もFⅩには大きく関連してくるのです。

それを知らずにFⅩを始めた方やメンタルが弱い人は運用開始すぐにメンタルが崩壊してしまったり、感情の起伏が激しくなってしまいます。

今回はFⅩをするとメンタルが崩壊する理由と、メンタルが崩壊しないためにすることをご紹介します。

 

FXをやるとなぜメンタルが崩壊するのか

 

FⅩを開始・運用するにあたり大金が必要になります。

「少額からでも始められる」とよく謳われていますが、それはある程度安定してきてからの話です。

 

初期費用や利益が安定するまでは少額では何もできません。

こうしたことからFⅩに大金を投資して運用すると、投資した分のお金が目に見えた行動をしてきます。

 

例えば含み損が増えていくところや大きな損失をしてしまうところなど、投資した分のお金が想像していた以上に消えていくことに対して「なんでだよ…」「どうしてこうなった…」とイライラしてきます。

自分の思い通りに進まないことにイライラし始め、ちょっとずつちょっとずつメンタルが崩壊し始めます。

 

FⅩでのメンタル崩壊は、後にFⅩでの挫折へと繋がります。

 

過信し過ぎている

 

これはFXを運用し始めた初心者にありがちなメンタルの崩壊なのですが、「私なら余裕」「俺なら絶対損はしない」というどこからか湧いてくる自信や、自分のことを過信しているFⅩ初心者は運用経験が浅いことでメンタルよりも儲けや損にしか目を向けることができいていません。

その結果損切りせずに爆損してしまったり、その時の雰囲気に任せた適当な取引で大損をしがちです。

 

自分に対して過信していたことで損をしたという現実を受け入れることができず、「なんで私が…」「俺としたことが…」と酷く落ち込んでしまうのです。

FⅩ初心者の多くが投資したお金が目に見えて減り、自分が損をしたという現実のダブルでメンタルが崩壊してしまいます。

 

損切りをしない

 

“損切り“とは、運用者が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させることを言います。

損切りをせずにそのまま保有し、運用し続けるとさらに株価は下落していきます。

 

損切りせずに保有・運用し続けて株価が下落するとどうなるかと言うと、損失額が膨らむ可能性があります。

今まで以上に損失額が大きくなるということです。

 

こうなることを理解していなかったり、理解はしているものの「まだ大丈夫」「まだ行ける」「取り返せる」などと思って損切りをしないでいるとすぐに損失額が大きくなってしまいます。

その結果、「なんであの時損切りしなかったんだろう…」と自分を責めるだけにとどまらず、損失分を取り戻そうとあの手この手で運用するも上手くいかず、より損失額を大きくしてしまうという悪循環を引き起こしやすくなります。

 

何をしてもダメな悪循環から抜け出すことができず、メンタルがズタズタになって崩壊してしまいます。

 

理想と現実の差

 

実際にFⅩを運用する前にデモトレードなどを使って雰囲気や流れを体験する方も少なくないでしょう。

デモトレードは運用者が勝ちやすいように作られていることがほとんどです。

 

もっと言えば、実際のFXの雰囲気や流れを教えるために優しく分かりやすく作られており、そのためデモトレードで運用してみると勝率の方が多くなります。

これが実際のFX運用への自信・過信へと繋がってしまいます。

 

実際に投資をしてFXを運用してみるとデモトレードの時とは違い、“お金をかけている““損はできない“という緊張感とプレッシャーから損切りをすることができなかったり、焦りから今まで理解できていたことが分からなくなり何をしたらいいのか分からない状態になってしまうのです。

デモトレードで勝率が多かったことで「私は向いている」「俺なら損はしない」という理想から、何もできず短時間で投資したお金を一気に吹っ飛ばしてしまった現実を受け入れることができずに精神的苦痛を味わいます。

 

大金を短時間で吹っ飛ばしてしまった且つ、理想と現実の違いにメンタルが崩壊しがちです。

 

メンタルが崩壊しないために

 

FⅩを運用するとメンタルが崩壊しやすい状況が比較的多いですが、実はこれ自分で自分の首を絞めている状況なのです。

これがどういうことなのかと簡単に説明をすると、FⅩの運用でメンタルが崩壊しないようにすることができるからです。

 

対策や対処法があるということはメンタルの崩壊を防げるということなので、必ずしもFⅩを運用している人全員がメンタルの崩壊経験者ではないというのが現実です。

メンタルが崩壊しそうになったらすぐに対策を取るのも1つの手でしょう。

 

万が一を考える

 

FXを運用するとなぜか自信過剰になってしまう人が非常に多いです。

そのため損をしてしまったり、想像もしていなかった方向に行くと焦って良くない方向に向かってしまったり、精神的にやられてメンタルが崩壊しやすくなります。

 

メンタルの崩壊を防ぐもしくは最小限に抑えるためには“万が一を考える“ことが大切です。

「多くの損失を抱えてしまったらどうしよう?」などと万が一の場合を考えておくことで実際に良くない方向に行ってしまった場合でも落ち着いた考えや操作をすることができ、少しでも良い方向・マシな結果で済ませることができます。

 

勝ちパターンの時だけエントリー

 

自分が得意とする勝ちパターンの時だけエントリーすることで、無駄な損切りで投資したお金を減らすことが防げます。

無駄な損切りの回数が少なくなる・なくなることで投資したお金が無駄に減ることはなく、精神的にも比較的安定した状態でFⅩに臨むことができます。

 

「今日は調子が良いから勝てそう」「直感的に行けそう」といった自分の感覚だけでエントリーを繰り返しているとどんどん投資したお金を減らす結果を招いてしまいます。

直感ではなく、しっかりと自分の勝ちパターンを理解することでメンタルの崩壊を防ぐことができます。

 

ポジションの持越しはしない

 

土日休みの人は「明日休みだから」という安易な気持ちから金曜日にFⅩの運用をしてしまいがちですが、週末に通貨ペアの持越しをすると「自分のポジションがロスカットされたらどうしよう…」などという強い不安感を抱きます。

翌日が休日だからこそ始めた運用なのに、運用のことばかりが気になって休日なのに心も身体も休まらない日になってしまいます。

 

その結果精神が崩壊しかけてしまいとんだ休日になってしまいがちです。

もちろん土日休みではない方でも週末に通貨ペアのポジションの持越しをするのは避けた方が良いでしょう。

 

しっかりと自分の癖を分析しよう

 

FXの口座開設や運用は自由です。

自由にできるものなのに自分で義務的状況を作ってしまったり、しんどい状況を作っていつしかメンタルが崩壊し、自分で自分の首を絞めてしまうのはおかしな話ですよね。

 

メンタルの崩壊を防ぐためにFXの勉強をしっかりとすることも大事ではありますが、自分の癖や性格なども詳しく分析するとよりメンタルの崩壊を防ぐことができます。

何をしてもイライラしてしまったり、どうにもならない程メンタルが崩壊してしまった場合は直ちにFXの運用を辞めることをオススメします。

 

損をすることもあるFXではありますが、短期間ではなく長期的に楽しみながら運用することを心がけましょう。