FXで勝てない人がやりがちな3つの行動【克服の仕方も紹介】

基礎知識

こんにちは、当サイト管理人のあずきたんです。

 

今は安定して勝ち続ける事ができるようになった管理人ですが、FXを始めたばかりの頃は負けてばかりで資金を投入しては減らしてばかりいました。

そんな管理人が負けていた頃を振り返り、なぜ負けていたのかを紹介したいと思います。

 

本記事の内容

  • トレード手法をコロコロ変えては行けない理由
  • トレード手法マニアになるな
  • 負けた時はチャートから離れろ

 

この記事の信頼性

この記事を監修しているあずきたんはFX歴4年程。

運用資金は6,400万で、1週間で200万ちょっと利益を出す事もあります。

トレード手法をコロコロ変えてしまう

 

管理人がFXで勝てない時にやっていたのがこのトレード手法をコロコロ変えてしまうという事です。

連勝しているときは問題ないのですが、少しでも負けが続くといくら過去検証した手法でも疑心暗鬼になってしまいます。

 

そしてある程度負けが積もった時点でコロッと全く別の手法でトレードしていたんですよね。

今思えばこれがFXでいつまでたっても勝てない原因の一つだったと思います。

 

なぜ手法を変えてはダメなのか

手法を変えては行けない理由の一つは、どんな手法でも必ず連敗する時期があるという事です。

相場には3つの状態が存在します。

相場の状態
  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ相場

 

例えば、今あなたが使っている手法が上昇もしくは下降トレンドが発生した時に大きく利益を手法だとします。

上昇・下降トレンドが発生した時に利益を最大化出来る手法を使っているのに、レンジ相場で損切りが続いた時に手法を変えてしまうと、いざトレンドが始まった時に本来取れたはずの利益を取る事が出来ず、損切りしか残りません

 

レンジ相場は全体の7割とも言われています。なので上昇・下降トレンドの手法は勝率が低いですが、その分一度に大きく利益を取る事が出来る損小利大トレードを心がける必要があります。

 

レンジ相場で逆張りを主とした手法を使っている時に、大きなトレンドが発生して損切りにかかった時も同じです。

必ず手法に適さない相場はやってくるので、手法に適さない相場が来た時にどう対応するかでFXで勝てるかどうかが決まって来ます。

 

変えるなら同じ手法で少しずつ調整する

手法に適さない相場が来た時の対応の仕方は、使っている手法を少しずつ変更する事です。

どういうことかと言うと、使用している手法やインジケーターは変えずに、利確や損切りのルールを少しずつ調整したり、インジケーターのパラメーターを少しずつ調整する事で相場に適用させて行きます。

 

どんな手法でも同じ手法を使い続けているとどのような相場で勝てて、どのような相場で負けやすいかという感覚を掴む事が出来ます。

その感覚が掴めて来たら、あとは徐々に利益が出やすいパラメーターを探っていく事で稼げるようになって行きます。

 

トレード手法マニアになっている

 

次にFXで勝てない原因の一つがトレード手法マニアになっている事です。

今はその知識を活かして当サイトを運営していますが、FXで負けているときはこのトレード手法の知識量が仇となり、稼ぐ事が出来ませんでした。

 

なぜトレード手法マニアは勝てないのか

これは先ほどのトレード手法をコロコロ変えてしまうという事に繋がります。

インジケーターの知識が増えて様々なエントリーサインを覚える事で、勝つためのエントリーではなくトレードするためのエントリーが増えてしまう事です。

 

エントリーの種類が多いと言うことは後からエントリー履歴を見返した時に振り返りがやりにくいんですよね。

この時に何でエントリーしたのかが分からず、勝ったトレードも負けたトレードもその場限りで終わってしまって次に活かしづらいです。

 

なので、トレード手法を増やしていくよりは1つの手法を徹底的に磨き上げていくことで、その手法ならではの相場の特徴を捉える事が出来たりします。

FXで相場と向き合ってたら急に勝てるようになったと言うのは、この特徴を捉える事が出来たから何ですね。

 

負けた時に熱くなってしまう

 

管理人の勝てなかった時の最大の失敗が、負けた時に熱くなってロットをあげて無理に損失を取り戻そうとしていた事です。

これ本当にいい事ないです…笑

 

何が良くないって負けた時にロットをあげて取り返す旨味を知ってしまうと何度も繰り返してしまうんですよね。

ただ、何度も繰り返しているといつかはロットをあげた時に勝てないときが来ます。

そうするとその時に一気に破産してしまいます。

 

勝てないときはチャートから離れる

一旦負けが続いて勝てない相場になったときは向きにならずにチャートから離れましょう。

勝てないと言うことは手法と相場が噛み合っていないと言うことです。

ここで無理して噛み合っていない相場でエントリーする必要はありません。

 

FXで勝つためにはまずは相場に生き残り続ける必要があります。

負けが続いてロットをあげて一気に資産を吹っ飛ばすよりは、しっかりと負けを自覚して次のエントリーに活かしましょう。

 

相場は常に続く事を理解する

チャートから離れてエントリーしないと勿体無いと考える人もいるかもしれません。

しかし相場は常に続きます。

 

FXで勝ち続けるにはどのような相場でもエントリーすれば良いと言うわけではなく、しっかりと自分の手法にあった相場でエントリーする必要があります。

手法にあってない相場でエントリーしても損失増えるだけですからね。しっかりと自分の得意な相場が来るまで待ちましょう。

 

どうすれば勝てるようになるのか

 

まずは先ほど紹介した3つのパターンを全て克服する事から始めましょう。

それぞれ具体的に克服の仕方を紹介します

 

トレード手法を一つに絞る

まずはトレード手法を一つに絞りましょう。

トレード手法には正解がありませんので、あなたが普段利用しているインジケーターからトレード手法を作っていくのが良いでしょう。

 

代表的なインジケーター

まずはここあたりの代表的なインジケーターでトレードルールを作っていくのが良いです。

 

代表的なインジケーターを使う理由は、多くの投資家が使用しているのでそれだけチャートが反応しやすくなるからです。

例えば日足の200日移動平均線は初心者から機関投資家まで数多くのトレーダーが表示しています。

そのため200日移動平均線の付近では、買い支え等で価格が反発する現象が度々発生します。

 

1つに絞ったら徹底的に検証する

トレード手法を一つに絞ったらあとは徹底的にその手法を検証し、極めて行きましょう。

一つの手法を使い続ければ、必ずその手法と相性の良い相場環境が掴めてきます。

 

手法と相性の良い相場環境が掴めてきたら、あとはそのタイミングのみに絞ってエントリーして行きましょう。

そうする事で少しずつ勝率が上がって行き、稼げるようになります。

 

まとめ

 

FXは自分の得意とする手法を何か一つ極めれば、自分の得意とする相場が分かるようになるので勝てるようになるときがやってきます。

もし今あなたがトレードで負けた時に手法をすぐに変えているのであれば、すぐに変えるのではなく、同じ手法と向き合う事で必ず開花するときが訪れます。

あなただけのトレード手法を極めてFXで稼いで行きましょう。