移動平均線とRSIのトレンドフォローで堅実に10pips以上稼ぐ手法を解説!

トレード手法

今回は移動平均線とRSIを使ったトレンドフォローのデイトレード手法をご紹介したいと思います。

多くの方が使用している移動平均線とRSIを組み合わせることで売買シグナルが明確になり、エントリーが容易になるので是非参考にしてみてください!

 

[adtext]
こんな人におすすめです
  • 移動平均線とRSIの特徴を知りた人
  • デイトレードのトレード手法を知りたい人
あずきたん
この記事で移動平均線とRSIの組み合わせの手法を学び、トレードで稼いで行きましょう!

移動平均線とRSIを組み合わせる理由

 

FXで定番の組み合わせの1つが、移動平均線とRSIです。それぞれの長所を活かせるため、初心者からベテランまで愛用しているテクニカル分析となっています。

 

移動平均線の特徴

移動平均線

チャートはTradingViewを使用しています。

 

移動平均線は、トレンドの方向性をシンプルに理解できるインジケーターです。

一定で区切った期間の平均値をつないで線にした内容で、FXのチャート画面を開いた初心者がまず目にするインジケーターでもあります。

 

平均値を視覚化した移動平均線は純粋なトレンド系のため、為替レートの方向性やトレンドの強さをそのまま示しています。

ローソク足との位置関係でテクニカル分析をするのが一般的で、普通に平均値を計算した単純移動平均線に対しての距離で売買の判断を行えます。

 

売買の過熱感については全く表示しないのがデメリットで、売買の偏りによる騙しの回避が大きな課題です。

あずきたん
必然的に、移動平均線による売買は騙しの見極めが必須で、全体的に判断するが遅めになります

 

RSIの特徴

 

FX関連でよく出てくるRSIはRelative Strength Indexを省略したもので、一定期間でどれぐらい上昇したがっているのかを数値化しているインジケーターです。

あずきたん
オシレーター系に分類されており、FXで使うインジケーターで上位の人気を誇っています!

 

売買の過熱感が分かるRSIは、チャートの真実をデータで教えてくれます。

上昇しているから買いたくなる場面でも、RSIで買われすぎという理由で様子を見て、ムダな損失を回避できるのです。

 

純粋なオシレーター系のため、強いトレンドが続いている間は上下のどちらかの限度に張り付いたままになります。

トレンドの初動ですぐに逆張りで飛びついた場合には、しばらく逆行される恐れがあるので注意しましょう。

 

移動平均線とRSIを組み合わせるメリット

 

移動平均線とRSIはお互いを補完できる組み合わせで、FXのトレードをより有利に進められます。

トレンドを理解しつつも、売買の過熱感をチェックした上でトレードできるため、判断の精度が大きくアップするのがメリットです。

 

世界的に王道の組み合わせになっている理由としては、チャートに同時に表示しやすいことも挙げられます。

移動平均線はローソク足の領域に描かれるのに対して、もう1つのRSIは下側に新たに専用の画面が作られます。

 

FXのチャート画面がとても見やすく、どちらかだけ参考にしたい場合でも全く困りません。

あずきたん
1つのインジケーターで発生する騙しを避けたいが、できるだけシンプルな判断基準にしておきたい投資家にぴったりです!

 

トレード手法

 

デイトレードは、反応しやすい設定にしておくことが重要です。

使用する時間足は15分足、30分足、1時間足のいずれかで、通貨ペアのボラティリティや自分との相性で決めることをおすすめします。

使用する時間足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足

 

設定値

 

移動平均線のおすすめの設定値

移動平均線の設定値
  • 短期: 10
  • 長期: 21

 

移動平均線は、短期10、長期21で設定しましょう。

RSIで売買の偏りをチェックするため、平均値をそのまま示す単純移動平均線が適しています。

あずきたん
最も動く短期が長期のラインを抜くのかどうかで判断する流れで、チャートの時間足が短いほど敏感に反応するのが特徴です!

 

RSIのおすすめの設定値

RSIの設定値

RSI: 9

 

RSIの設定値は9がおすすめで、だいたいのFX会社で標準値となっています。

このパラメータは小さいほどよく反応するため、早くエントリーしたがる人は設定値14ぐらいに調整しておくことも検討しましょう。

 

設定によって相性の差が出てくるから、トレードをしながらベストの値を探す必要があります。

あずきたん
最適な数値で各インジケーターを表示すれば、初心者でも迷わずに売買の判断を行えます!

 

エントリーポイント

 

エントリー条件(買い)
  • RSIが20%以下
  • 移動平均線の短期が長期を抜いたら

RSIが20%以下になった後、移動平均線の短期が長期を抜いたら、その方向へ順張りでエントリーしましょう。

中期のラインはトレンドの節目になっているので、短期が突き抜けたことが初動になるケースが多いです。

 

RSIは、上の80%以上で売って、下の20%以下になったら買うことが基本です。

エントリーの根拠は売買の過熱感で、例えば買われすぎのエリアに入った時点で売りのエントリーになります。

 

逆の方向に反転してきたタイミングを狙うと、さらにエントリーの精度が向上します。

あずきたん
デイトレードのエントリーポイントは、移動平均線とRSIのどちらも同じ売買シグナルを出していることが条件です。

 

利確ポイント

 

利益確定のポイントは、移動平均線で短期が長期に接触した時か、デイトレードで手仕舞いする時間になった時のいずれかです。

あずきたん
トレンドフォローの取引は自ら利益を限定しないことがセオリーなので、稼げる時には遠慮せずにたっぷりと稼がなければいけません。

 

長期のラインを意識する理由は、すぐには抜けない壁になりやすく、あまり深入りしない方が賢明だからです。

もう1つのインジケーターであるRSIは、エントリーした領域と反対側に進んでセンターラインを越えたら利益確定ポイントになります。

 

売買がちょうど釣り合っている状況では、そこからどちらに進むのかが不明です。

ただし、基本的に移動平均線による判断を優先するため、RSIだけで慌てて利益確定をする必要はありません。

 

あずきたん
どの通貨ペアでも10pips以上がおおよその目安になり、トレンド相場をフォローできたら大きく稼げる日もあります

 

損切りポイント

 

デイトレードで損失を小さくするための損切りは、移動平均線で短期が元の方向へ戻っていった時か、ローソク足が同じく急に反転した時です。

ローソク足の方が早く値動きを反映しやすく、エントリーした根拠がいきなり失われるパターンがよく見られます。

あずきたん
直近の高値と安値を参考にしながら損切り用の逆指値注文を入れておくことで、被害を最小限に抑えましょう!

 

オシレーター系のRSIでは損切りポイントが分かりにくく、1回で許せる損失として-30pipsぐらいで機械的に切る方法が向いています。

 

RSIが反転を開始してからエントリーしている場合には、そこから戻った時に損切りをする方法もあります。

基本的には移動平均線で判断しつつ、必要に応じてRSIを参考にすることが、デイトレードの損切りのコツです。

 

この手法の気をつけるポイント

 

FXで儲けやすくなる移動平均線とRSIのデイトレードですが、3つの注意点があります。

それぞれの気をつけておきたいポイントを学び、できる投資家を目指しましょう。

 

気をつけるポイント
  1. ダイバージェンスを見極める
  2. RSIの売買シグナルを意識する
  3. トレンドとレンジ相場を意識する

 

ダイバージェンスを見極める

 

あずきたん
移動平均線とRSIの売買シグナルが不一致の場合は、ダイバージェンスであるのかを見極めることが重要です!

 

例えば移動平均線はまだ上向きなのに、RSIにおいては買われすぎで上値を切り下げてきたというバラバラの状態が1つのダイバージェンスとなります。

この場合は売買の偏りを示すRSIが正しく、短期の上昇トレンドの終わりを早めに把握できるのです。

 

FXのトレンドの切り替わりでダイバージェンスが発生しやすく、そのパターンを覚えておくことで利益を最大化できます。

もしもダイバージェンスを積極的に活用したいのならば、RSIの設定値は小さくしておくことがおすすめです。

 

2つのインジケーターの違いは、正しく理解することで大きなチャンスにできます。

 

RSIの売買シグナルを意識する

 

あずきたん
RSIの売買シグナルに逆らったトレードをすると、わざわざ表示している意味がありません!

 

なぜなら、移動平均線では絶好のチャンスに見えても、実際にはRSIが逆方向を示していたというパターンがよく見られるからです。

初心者はエントリーを待つことが苦手のため、ルールの順守を強く意識しておきましょう。

 

売買の過熱は、やがて反対売買によって修正されます。

それが為替相場の法則であるのと同時に、移動平均線だけで投資家が勝ちにくい理由にもなっているのです。

 

必ず移動平均線とRSIの両方の売買シグナルを確認して、全て理解した後に根拠のあるトレードを行う必要があります。

RSIが上下の端から逆側へ動き出したことは立派な売買シグナルのため、元の位置へ戻らない限りは有効なエントリー、あるいは、ポジションのエグジットです。

 

トレンドとレンジ相場を区別する

 

あずきたん
見るべきポイントが多いため、まずトレンド相場とレンジ相場を区別することが大切です!

 

トレンド相場は短時間で大きな値動きが出る一方で、レンジ相場では狭い範囲で為替レートが往復しています。

レンジ相場の上下のどちらかを抜けたらトレンド相場になるため、相場の種類に気をつけておくことでトレードの負担が減るのです。

 

損切りをしておけば、FXの損失を抑えられます。

しかし、現在がトレンド相場とレンジ相場のどちらかを見極められれば、そもそも危険なエントリーを避けることが可能です。

 

移動平均線とRSIの組み合わせは相場の見極めにうってつけで、初心者からすぐにベテラン並みの判断力を養えます。

良い練習になるから、試しに2つのインジケーターを表示させたまま取引してみましょう。

 

まとめ

 

FXのデイトレードは、移動平均線とRSIの組み合わせがおすすめです。

トレンド系とオシレーター系だから相乗効果があり、お互いの欠けている部分がちょうどパズルのようにはまります。

為替相場の値動きのパターンやエントリーポイントを覚えることに最適で、一人前になってからも通用するインジケーターの使い方です。