ボリンジャーバンドと1分足で勝つ!順張りスキャルピング手法

この記事ではボリンジャーバンドと1分足を使ったトレード手法を紹介しています。ボリンジャーバンドは、1980年ころにジョン・ボリンジャー氏によって開発された統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。
移動平均線と標準偏差で構成されています。
プライスが「プラスマイナス1シグマ」内に存在する確率は約68%、「プラスマイナス2シグマ」内に存在する確率は約95%とされています。
ボリンジャーバンドは、相場が膠着するレンジ相場においてはバンド幅が狭まる傾向があり、価格変動の大きな相場ではバンドが開いていきます。
ボリンジャーバンドはFXに限らず株でも商品でもトレードツールには必ずと言ってよいほど用意されている指標です。
利用者の多い指標の一つです。