RCIを使った1分足スキャルピング手法でガッポリ稼ぐ

トレード手法

こんにちは、あずきたんです!

今回はRCIというインジケーターは何か、RCIを使ったスキャルピングのトレード手法をこの記事で説明します!

 

[adtext]
こんな人におすすめです
  • RCIとは何か知りたい
  • RCIの特徴を知りたい
  • RCIのスキャルピング手法を知りたい
あずきたん
この記事でRCIのスキャルピング手法を身につけガッポリ稼いで行きましょう!

RCIとは

 

RCIとはRank Correlation Indexの略で、時間の概念を取り入れたインジケーターです。

FXの売買の過熱を示すオシレーター系と値動きの方向性が分かるトレンド系の2つの性質があり、とても使いやすく、見やすい内容になっています。

 

RCIの特徴

 

RCIの特徴

RCIでは、現在の為替レートの売買の状況と、これからのチャートの値動きが分かります。

チャート画面ではローソク足とは別のエリアに描かれている数本のラインの向きや位置によって判断するため、初心者でもすぐに理解できるのです。

 

チャートはTradingViewを使用しています。

 

どちらかといえば、売買の偏りを確認するオシレーター系の側面が強く、短期のトレンドが反転するタイミングを捉えるために使っている投資家が多くいます。

 

FXのトレンドの方向性を知るためにも役立つRCIは、発生したトレンドに順張りする投資家からも支持されています。

移動平均線のようにローソク足との関係を気にする必要がないため、純粋に売買シグナルだけで注文を出すことが出来ます。

あずきたん
日本ではまだ知名度が低いとはいえ、世界的にはRCIは主要なインジケーターの1つになっています

 

RCIのメリット

 

RCIのメリット

RCIの主なメリットは、1つのインジケーターで様々な情報を入手できることです

複数のインジケーターを表示させると売買シグナルの整理だけで一苦労になるため、シンプルに示してくれるRCIはとても助かります。

 

ローソク足の形を見ながら柔軟に判断する余地もあるので、FXの経験を積むほど精度が上がります。

売買の偏りを利用できることから、発生した値動きがどこまで信用できるのかを客観的に確認できます。

 

たとえば、いかにも下がりそうな値動きが出ても、RCIで売られすぎの領域となれば騙しの可能性が高いと判断できるのです。

売買シグナルの発生条件が単純明快で、自分のルールの問題点をすぐに見つけられる点もメリットとなっています。

 

RCIのデメリット

 

RCIのデメリット

オシレーター系とトレンド系のどちらかだけ使う場合には中途半端になる

気をつけておきたいRCIのデメリットは、オシレーター系とトレンド系のどちらかだけ使う場合には中途半端になることです。

 

両方の特徴を併せ持っていることは、そのままどちらに対しても高精度とは限らないデメリットにもつながっています。

1つのインジケーターに限定しない状況では、他に色々と試してみることも有効です。

 

売買シグナルとして分かりやすいRCIですが、実際のFXのトレードでは投資家本人の判断力も問われます。

なぜなら、発生した売買シグナルをどこまで信用するのかで、明らかに資産の増減が変わるからです。

 

短い時間で売買するほど売買シグナルの取捨選択が重要になるため、しっかりと自分のルールを詰めておく必要があります。

 

トレード手法

 

FXでRCIを使ったスキャルピングを行う場合は、1分足か5分足チャートがおすすめです。

10分足チャートより長い時間軸ではエントリーポイントが少なくなるので、十分に気をつけましょう。

 

RCIの設定値

 

RCIのスキャルピングの設定値
  • 短期: 9
  • 中期: 24
  • 長期: 52

スキャルピングに向いているRCIの設定値は、短期9と中期24、それから長期52です。

基本的に短期線で判断するため、長期線については表示しなくても支障はありません。

 

RCI

 

RCIは短期から順番に反応していくため、最も早く為替レートを反映する短期線に注目します。

中期線は比較的信用できることから、短期線では分かりにくい全体の方向性をチェックします。

 

わざわざ中期線や長期線を一緒に表示する理由は、短期線だけでは値動きに振り回される恐れがあるからです。

特にスキャルピングではちょっとした値動きでも敏感に反応してしまうため、目安として中期線までは表示しておきましょう。

あずきたん
長期線は上位の足の値動きだから、トレードに入る前に自分で直接チェックしておけば大丈夫です!

 

エントリーポイント

 

RCIのエントリーポイント
  • RCIの短期線が80%以上で売り
  • RCIの短期線が-80%以下で買い

 

エントリーポイントは、RCIの短期線が80%以上で売り、反対に-80%以下で買いです。

それぞれ買われすぎと売られすぎの領域のため、短期トレンドとしての反転を見込んでエントリーしましょう。

 

具体的には、単純にそのエリアに入った時よりも、そこから反転しかかってきた時がベストです。

リアルタイムで値動きを追いかける必要があるため、チャートを監視できる時間帯に行うことをおすすめします。

 

エントリーのチャンスは1日に多くあるので、焦らずにじっくりと待つことが重要です。

RCIの中期線は参考情報だから、過度に気にする必要はありません。

 

利確ポイント

 

RCIの利確ポイント
  • 短期線がエントリーポイントの逆側の領域まで来たら

 

利益確定は、RCIの短期線がエントリーポイントから逆側の領域まで進んだ場合です。

1分足や5分足チャートでは数分ぐらいで決着するケースが大部分で、その際に期待できる利益は約10pipsとなります。

 

 

含み益を最大限まで伸ばさずに5pipsぐらいで利確することも、スキャルピングの正しいやり方です。

大きな値動きが発生している相場では、次の乱高下に巻き込まれる前に利確して逃げましょう。

 

FXのトレード手法の中でもチャンスが多いスキャルピングは、危険と判断したら素直に休むことが上策です。

RCIを利用したスキャルピングは狭いレンジ相場でこそ輝くので、無理をしてはいけません。

 

損切りポイント

 

RCIの損切りポイント
  • 含み損が-10pipsを超えたら

 

含み損が-10pipsを越えたら、機械的に損切りをするべきです。

RCIの短期線がなかなか反対側の領域を目指さない場合も同様で、ポジション保有から10分以上でいったん仕切り直した方が賢明となります。

 

為替レートの急変動による大損を防ぐために、-30pipsぐらいの位置に逆指値で損切り用の注文を出しておくことも検討しましょう。

売買が偏っても、そこから反転するタイミングについては相場の地合いによります。

 

目先の動きでエントリーのスキャルピングはいつでも入れるので、極端な値動きが続いている時には様子を見ることが大事です。

分かりやすいRCIを眺めていると、だんだんコツを掴めます。

 

この手法の気をつけるポイント

 

RCIのスキャルピングは、とにかく焦らないことがポイントです。

FXにおける売買の判断基準はすぐに理解できるため、自分の欲望だけでトレードしないように心がけることで安定して勝てます。

 

すぐに飛びつかない

 

RCIの買われすぎのエリアや売られすぎのエリアに入った時点ですぐに飛びつかないことが、まず気をつけておきたいポイントです。

売買の過熱をチェックできるものの、80%以上や-80%以下のエリアであってもすぐに反転するとは限りません。

 

したがって、RCIの短期から長期のラインをよく見て、どちらに進みたがっているのかを確認することも必要です。

地合いによってはRCIの中央を抜いてきたタイミングで入っても間に合うぐらいで、デイトレードとはかなり感覚が変わります。

1回の利益が2pipsになるケースが珍しくないスキャルピングは、RCIが教えてくれる情報を全て活用しなければいけません。

 

上位足で環境認識を行う

 

上位の足でRCIを表示して、全体の傾向をチェックすることも、気をつけておくべきポイントです。

日足と1時間足のRCIを確認しておけば、スキャルピング用の1分足や5分足でも正しい判断を行えます。

 

FXは大きな流れに注目することが勝つための秘訣で、短時間のスキャルピングでも重要な項目です。

大きな流れに逆らったトレードは、勝率が低くなります。

 

そのため、FXを始めたばかりの初心者は、進みやすい方向に対してのみエントリーする段階から慣れていくのがおすすめです。

一人前の投資家になれば短期の戻りなども狙えますが、安全を重視したスキャルピングで確実にお金を増やしていくことが先決となります。

 

インジケーターはRCIのみにする

 

他のインジケーターを表示せず、RCIのみでトレードすることを推奨します。

なぜなら、売買シグナルを増やしすぎると、逆に混乱してしまうからです。

 

オシレーター系とトレンド系のどちらもフォローしているRCIでは、別のインジケーターを用意する必要はありません。

1分足と5分足チャートのRCIを比較すると、かなり違う動き方をしていることが分かります。

 

自分と相性が良い時間軸のチャートを選び、自分なりに勝つためのルールを作りましょう。

FXのスキャルピングは1分足チャートで行うのが基本のため、最初は1分足にRCIを表示させるのがベターです。

 

スキャルピングOKの会社を利用する

 

1日に何回もトレードを行うスキャルピング手法は会社によっては取引が制限されています。

スキャルピングを行う前にしっかりと今利用している会社がスキャルピングOKの会社かを確認しましょう。

 

合わせてNDD方式を採用した高速約定で、最狭0.0pipsのスキャルピングに最適なFX会社も紹介しておりますので、下記の記事をご覧ください。

【TitanFXの評判】7つの強みと3つの弱みから特徴ごとに評価します

 

まとめ

繊細な判断が求められるFXのスキャルピングは、RCIで簡単に行えます。

短時間で薄利を狙うため、1分足や5分足チャートのどちらかで、売買の偏りを利用して儲けるのがおすすめです。

売買シグナルに加えてトレンドも分かるRCIを活用して、スキャルピングの技術を身につけましょう。