FXで勝つためのノウハウとは?【大事なのは基礎知識】

基礎知識

はじめてのFXという方々でもFXのコツをつかめば充分勝つことができます。

大事なのは、FXのノウハウをあらかじめ知ることです。

ノウハウを知らないでもビギナーズラックで勝てるという方々もいらっしゃるのかもしれませんが、投資はギャンブルではありませんので、それでは安心して向きあうことができないでしょう。

ノウハウを知ることができれば、もっと落ち着いた感じでFXと向きあうことができるでしょう。

 

➜ Twitter  ➜ トレード記録

 

基本ルールをマスターすること

FXで勝つために知らなければならないノウハウは、まずは当然のことですが基本ルールをマスターすることです。

ルールを知らないで勝つなどということがあるはずはありません。

 

本でFXノウハウを勉強する

FXはとてもわかりやすい投資と言われています。ですから、勉強もろくろくしないでFXでトレードをはじめてしまう方々がいます。そうではなく、まずは、FXのイロハを勉強しましょう。

『一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門』、『東大院生が考えたスマートフォンFX』など初心者向けの本です。

FXの売買ノウハウはもちろん大事ですが、同時にFXのリスクも知らなければならないでしょう。

FXトレードをする上でチャート、スプレッド、スワップ、レバレッジ、通貨ペア、ロスカット、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、また、チャートを理解するための用語、ロングorショート、ポジション、pips、ロット、証拠金、始値、終値、ローソク足、Ask・Bidについても理解しなければなりません。

【初心者向け】FXの勉強の仕方や最低限知っておくべき8つの事

2019年11月19日

 

 

また、ファンダメンタル、テクニカルについても理解しなければならないのではないでしょうか。

NYダウ平均株価や政策金利、日経平均株価、雇用統計というものも、FXで勝つため有効的に使える判断材料です。

 

なんとなくサラッと読むというのではなく、一冊の本を何度も何度も読んで、かみ砕いていただきたいですね。

FXは簡単に出来る投資と言いますが、本当のことを言えば、覚えることは一杯で大変は大変です。

 

しかし、はじめてFXという方々がいきなりプロの方々のように全部に精通するというのではなく、おさえておきたいのは基礎的ポイントです。

FXでは基礎をしっかり知っていることで、安心してトレードと向きあうことができるでしょう。

 

チャートについて学ぶ

FXで勝つのには、値動きをしっかり予測しなければなりません。
安く買って高く売ること、または高く売って安く売って安く買い戻すという手法もあります。

FXはチャート分析が大事です。チャートを分析していくことで、為替の動きには情報が一杯つまっていることに気づかれることでしょう。

まず、ローソク足の見方などの定番チャートを正しく理解しましょう。

FXをやるなら絶対に覚えておくべきチャートパターン7選とエントリー方法

2019年11月16日

 

 

重要指標について学ぶ

FXで勝つノウハウは、経済の動きをしっかり読みとることです。

FXは、世界の国々の経済状況によって、大きく変動する可能性があるためです。重要指標について学ぶことは、テクニカル分析と同等にして大事なことです。

 

はじめてFXという方々は、難しいという理由から経済指標とはなかなか向きあうことができない方々が多いです。しかし、勝つノウハウはここにあります。

 

FX初心者も、『FOMC政策金利発表』『FOMC議事録公表』だったり、『米国雇用統計』『日銀金融政策決定会合』『ECB政策金利発表』と言ったものあたりはおさえておきたいです。

FXはイベント一つで100pips動く!?絶対に抑えるべきイベント8つ

2019年11月26日

 

FXのノウハウは会社を選ぶことから

FXをスタートしようと思えば、まずは、FX会社で口座を開設することになります。

最初は、このあたりのこともわかりづらいのかもしれませんが、FXの勝敗の上でFX会社の選択も大事なポイントです。

 

どのようにFX会社の口座を選択していいかノウハウを学びましょう。

FX会社を決めるノウハウは、スプレッドが低いFX会社を選択することです。

 

かつ、約定力の高いFX会社、ニュース配信などの情報量が多くて、取引ツールが使いやすいFX会社を選ぶといいでしょう。

 

海外FX会社がおすすめ

私は、FXのノウハウとして敢えて初心者の方々に海外FX会社をおすすめしたいのです。

はじめてFXという方々は一杯一杯で、とても海外FX会社はハードルが高いと思ってしまうかもしれないですよね。しかし、勝つノウハウは、海外FX会社の方にあるかもしれません。

海外FX会社と国内FX会社は全然違うことも最初に理解していただきたいと思います。

 

海外FX会社はレバレッジが違う

FXの魅力といえば、レバレッジと言っていいでしょう。レバレッジがあるから、小さい資金で大きく稼ぐことができます。

 

しかし、国内FX会社では、金融庁がレバレッジに規制をかけて、
25倍までのレバレッジしか使うことができないのです。しかし、海外FX会社では、1000倍ものレバレッジを使うことができます。

 

海外FX会社では、本当の意味でのFXをすることができ、のびのびトレードすることができるでしょう。

 

海外FX会社は口座に違いがある

実は、国内FX会社と海外FX会社は、レバレッジに違いがあるだけではありません。

国内FX会社では、おおかた、DD方式(ディーリング・デスク方式)が採用されています。

DD方式(ディーリング・デスク方式)は、トレーダーとカバー先(FXブローカー7銀行、LPなど)の間で、FX会社が仲介して、注文の方法を決める方法です。

 

国内FX会社では、DD方式を採用しているということは、トレーダーの注文は全部カバー先に流れている訳ではないのです。

流すこともあり、流さないこともあり……、それはトレードをしている身に立てば、とても不透明な嫌な気持ちになってしまうでしょう。

FXでは勝つ方々もいらっしゃいますが、負けている人たちの方が圧倒的に多く9割以上は負けている方々です。そのようなことを考えると、一度流すか否かをFX会社が検討することは妥当な判断なのかもしれません。

 

NDD方式

多くの海外FX会社では、NDD方式(ノンディーリング・デスク方式)を採用しています。NDD方式とは、トレーダーの注文とインターバンクの間にFX会社が介入してしまうことはありません。

トレーダーの注文したものは、そのままインターバンクに流れていく方法のことを言います。

また、NDD方式では、カバー先を複数持っているため、複数のカバー先からベストな売値と買値をselectして最適なスプレッドを決定しています。

 

DD方式

DD方式を採用しているFX会社は、カバー先に流さないことが出来て、そのまま取引が失敗になればトレーダーの喪失は全部国内FX会社の利益にすることができます。

DD方式を選択している国内FX会社は、トレーダーが負ければ負ける程大きな利益を生み出すことができるシステムです。

海外FX会社はそうではなく、トレーダーが勝ち続けてくれた方が、そのままトレードを続行してくれるため、会社が儲けを出すことができるシステムです。

国内FX会社では、トレーダーが負ければいいと思っているので、あの手この手を使ってくる可能性もあり、非常に理不尽と言わざるを得ません。

 

※海外FX会社のNDD方式は更に、STP方式とECN方式に分類することができます。本当の意味で透明なのは、ECN方式を選択している海外FX会社です。

 

海外FX会社は約定拒否などがほとんどない

また海外FX会社は、スプレッドだけが儲けとなるので、約定拒否などは基本的に起こらないと考えていいでしょう。

国内FX会社では約定拒否という手段を使って、できる限りトレーダーの利益を奪おうとしているのです。国内FX会社では、約定拒否を意図的に仕掛けていると言っていいでしょう。

 

海外FX会社では、トレーダーが勝とうが勝つまいが、関係がないのです。だったら約定拒否なんてする必要はありませんよね。

海外FX会社では、スキャルピングも大歓迎しています。国内FX会社では、スキャルピングをガンガンされると、カバー先に流していいかの判断が追いつかなくなってしまうようです。

 

海外FX会社は、儲けるためどんどんトレードをして欲しいからスキャルピングも大歓迎なのです。

 

おすすめのFX会社はここ

あずきたんがおすすめするFX会社は、あずきたんも使用しているiForexです。

iForexの特徴は?
  • 他の海外FX会社と比べて圧倒的にスプレッドが狭い
  • 入金100%ボーナスがある
  • レバレッジは最大400倍と申し分なし
  • 0カットもある

 

【iForexの評判】7つの強みと3つの弱みから特徴ごとに評価します

2019年10月10日

まとめ

いかがでしょうか。今回、FXの勝つノウハウについてお話ししました。

まず、最初にしなければならないことがあります。それをしないと、FXのヘンな習慣がついてしまって、後からはなかなか修正が出来なくなるでしょう。

FXで勝つノウハウは、最初に正しい基礎を覚えることです。

また、はじめてFXだから海外FX会社はハードルが高いとつい思ってしまうのですが、最初だからこそ、海外FX会社と国内FX会社をしっかり比較していただきたいです。