TitanFXはスキャルピングに最適な4つの理由

TitanFX
FXで悩む犬

スキャルピングするならTitanFXって聞くけど本当?

 

こんな悩みを解決します!

TitanFXの総合評価は下記の記事を参考にして下さい!

【TitanFXの評判】7つの強みと3つの弱みから評価しました

2020年1月5日

 

この記事の内容

  • スキャルピング取引とは
  • スキャルピングのメリット・デメリット
  • TitanFXがスキャルピングに最適な理由

 

この記事の信頼性

この記事を監修しているあずきたんはFX歴4年程。

運用資金は6,400万で、1週間で200万ちょっと利益を出す事もあります。

 

TitanFXがスキャルピングに適している理由

スキャルピングを利用するときは、できるだけデメリットを抑えられる業者がおすすめです。

Titanfxは、スキャルピングのデメリットを減少させる魅力的な業者と言えます。

その理由は次のとおりです。

 

TitanFXはスキャルピングを認めている

まず肝心な点、TitanFXでは、スキャルピング取引を認めています。

中には、スキャルピングを認めていない業者もあるのです。

 

その理由は取引回数が増えるという点、それだけ業者側のサーバーに負荷がかかります。

多くのトレーダーが、何度も取引をすると、サーバーがパンクをする恐れが高まるのです。他のトレーダーの約定力に影響が出てきます。

 

そのためFX業者によっては、スキャルピングを認めていない業者もあるのです。

しかし、titanfxは違います。スキャルピングを認めていることから、利用をしても口座が凍結することはありません。

あずきたん
TitanFXなら堂々とスキャルピング取引ができます!

 

スプレッドの狭さ

先ほども説明をしましたが、titanfxはスプレッドが業界の中でもトップクラスに狭いです。

先ほどデメリットで解説した、手数料の悩みを和らげます。

透明性が高いNDD方式を利用されている業者の中では、魅力的なスプレッド幅を実現しているのです。

FX会社のNDD方式とは?DD方式との違いやメリットを解説します!

2020年2月2日

 

先ほどは、titanfxのスタンダード口座で説明をしました。

手数料をもっと安くしたいのならば、titanfxのブレード口座がオススメです。

あずきたん
取引ごとの手数料はかかりますが、業界最狭クラスの最狭0.0pips~のスプレッド幅で取引ができます!

 

スキャルピング手法で手数料を気にしはじめたら、取引どころではありません。

できるだけ手数料の抑えられる業者選びが重要と言えます。

Titanfxのブレード口座は、スキャルピングにうってつけの口座、これが利用をおすすめする、最大の理由です。

 

約定力の高さ

Titanfxは、約定力の強さにも定評があります。

先ほど説明したデメリットを抑え、ストレスフリーで取引をすることが可能です。

TitanFXは、必要となる通信へ、十分なコストをかけています。

あずきたん
スキャルピングを許可している業者なのですから、当然かもしれませんが、それでもできない業者が多いのが現実です。

 

Titanfxは自ら公言するほど、約定力に自信を持っています。

ただし、アメリカの雇用統計注目の集まる指標があると、スリッページは起きやすいです。

そのような時は、できるだけ取引を避ける方が良いでしょう。

 

スキャルピング取引のメインはテクニカル指標です。

Titanfxの約定力があれば、スキャルピングも大丈夫と言えます。

 

ストップレベルがゼロ

Titanfxはストップレベルがゼロの業者です。

 

ストップレベルとは

指値注文などを行う際に、現在価格から開ける値幅の事

 

ストップレベルが20pipsならば、MT4で注文をする際に、その注意事項が表示されます。

ストップレベルは、業者ごとに異なる数値です。TitanFXは、このストップレベルがゼロになっています。

 

例えば110.000円で買いの注文を入れて、109.999円で損切りの注文を出すことが出来ます。

 

スキャルピングは、短期で取引を積み重ねることから注文も、できるだけ自由な指値で行いたいところです。

20pipsもストップレベルがあると、自由な注文の妨げになります。

あずきたん
TitanFXは、ストップレベルがゼロ、つまりスキャルピング取引に向いているFX会社です。

 

 

そもそもスキャルピング取引とは?

スキャルピングとは、取引時間よりも取引回数で利益を上げていく手法のこと、短時間で何度も取引をすることから、難易度が高い取引方法と言われています。

FXにおける代表的なトレードスタイルは次の4種類です。

トレードスタイル
  • スキャルピング:数十秒から数分の保有でトレード、トレード回数は1日に約20回。
  • デイトレード:スキャルピングよりも少々長い時間保有したトレード、トレード回数は1日に約1〜5回
  • スイングトレード:数日から数週間の保有をするトレード、トレード回数は月に約1〜5回。
  • 長期トレード:半年から数年の保有をするトレード。

 

スキャルピング手法は、多くの投資家が利用をする人気の手法です。

何度も取引をすることから、メンタル面が相当強く、ちょっとのことではへこたれない精神力が必要、そのためマイ取引ルールを作成しておく必要があります。

FXに多くの時間を費やすことができる、熟練されたトレーダー向けの手法です。

 

スキャルピングのメリット

TitanFXでスキャルピングをするなら、スキャルピングのメリットも見ていきましょう。

 

少ない資金でも大丈夫

スキャルピングには、少ない資金で開始できるメリットがあります。

少ない利益をコツコツと積み上げていくことから、損失も最低減に抑えることが可能です。

 

スイングトレードなどは、一気に利益を出すこともあると同時にその逆、一気に大きな損失を生むこともあります。

 

証拠金が維持率を下回れば、その時点でロスカットです。

相当な資金を証拠金として預けておかなければ、すぐにロスカットを受けてしまいます。

 

スキャルピングならば短い時間の取引になることから、一気に稼ぐことができないかわりに損失も少なくて済みます。

また、スキャルピングには大きなレバレッジが有効です。

Titanfxのレバレッジ500倍は、資金が少ないスキャルピング手法利用者にとって、大きな恩恵となることでしょう。

TitanFXのレバレッジは最大500倍。【変更の仕方も紹介】

2020年4月21日

 

ファンダメンタル分析の影響が少ない

スキャルピングは、ファンダメンタルの影響を最低限にできます。

 

ファンダメンタル分析:為替相場に関係する要人発言、ニュース、金融性政策などの情報を分析し、為替予想をすること。

 

思いもよらない方向へ為替が一気に進むこともあります。

スキャルピングは、ファンダメンタル分析を利用するよりは、テクニカル分析を利用したトレードがメインです。

MT4のテクニカル指標を利用し、注文するタイミングを計ります。要人発言や経済指標があるときは、トレードを回避すればいいだけです。

 

スキャルピングのデメリット

それでは次にスキャルピングのデメリットを見ていきましょう。

 

スプレッド幅が痛い

スキャルピングのデメリットは、スプレッド幅や手数料が重くのしかかってくる点です。

取引回数が多くなるということは、それだけ手数料を支払う回数も多くなります。

NDD方式を主に利用している海外FX業者にとっては、ありがたいことかもしれませんが、トレーダーには辛いところです。

 

TitanFXのスタンダード口座の例で考えてみます。

USDJPYの平均スプレッド幅は1.33pips、1ロットで取引したときマイナス1,330円からのスタートです。

1日に20回取引をすると26,600円の手数料が掛かります。

 

スキャルピングをするときは、スプレッド幅を考えなければいけません。

ただ高いと感じるかもしれませんが、他の海外FX業者と比べるとTitanFXは非常に狭いスプレッド幅をしています。

 

約定力の影響が大

一日に何度も取引をします。約定力が弱ければ、思い通りの注文ができず、ストレスばかりがたまるかもしれません。

何度も続く約定エラー、思いどおりにいかないスリッページの発生、イライラし取引で大切なメンタル面に影響を及ぼすかもしれません。

取引回数が多いスキャルピングだからこそ、約定力は重要です。約定力が原因で、思い通りのトレードができなくなることも考えられます。

 

まとめ

何事も同じですが、スキャルピングを利用するときは、できるだけデメリットを抑えられる業者を選ぶべきです。

Titanfxは、スキャルピングに適した業者、デメリットを抑えてくれるサービスを提供しています。

どの手法を利用するかは、トレーダーの自由です。ただ、スキャルピングを選ぶのならば、TitanFXを選択することをおすすめします。

 

 

【TitanFXの評判】7つの強みと3つの弱みから評価しました

2020年1月5日